日勤常勤の求人を探してる看護師さんにおすすめ

看護師の失敗しない転職のコツ


看護師の求人に関する情報をお届けいたします!

日勤常勤看護師の求人の利点は?



看護師の勤務体制というと日勤と夜勤が混ざったシフト勤務の印象が強いです。けれども医療機関を選べば、日勤の時間帯だけで仕事をすることもできます。たとえば介護施設やクリニックの場合は日勤だけの勤務の場合が多いです。入院施設がある医療機関でも日勤専従として求人があるケースもあります。

ここでは日勤常勤看護師をする場合のメリットとデメリットについてご紹介いたしましょう。

まずメリットですが、何と言っても「夜勤の仕事がない」ことです。 日勤と夜勤が組み合わさっている勤務シフトになると、どうしても生活のリズムが不安定になり体調を壊しやすくなるリスクがあります。 不規則な生活を強いられて肌荒れや体調不良の悩みを持つ看護師も多いです。

一方、日勤だけの勤務の場合は「規則正しい生活を送れる」から生活のリズムが正常化して健康的な生活になります。 結婚をしている看護師も日勤の仕事は一押しです。 家庭を持っている看護師ならば子育て中のママさんナースもいるでしょう。

夜勤シフトに入る場合はご家族の協力が不可欠です。 たとえ家族が全面的に協力してくれても「家庭」「育児」「夜勤」の仕事を両立させるのは簡単ではありません。 けれども「日勤だけの仕事ならば」普通の会社員の共働き家庭と一緒ですから両立させやすいです。

次に、日勤だけの仕事のデメリットについて説明します。 まずは給料面で日勤だけの場合はお給料が下がります。 2交代制の勤務シフトの場合を例にあげると夜勤に入ると1回につき約10,000円の夜勤手当がつきます。

だから夜勤手当がない日勤だけの場合はお給料は少なくなります。 看護師の基本給はあまり高い水準とは言えませんから、夜勤手当がないと「給料が減ってしまった」と感じるでしょう。

これまで日勤&夜勤の混合シフトで仕事をしていた看護師にとって日勤オンリーの仕事の方が肉体的にはハードだと感じるケースが多いようです。 夜勤に入る勤務日は遅くまで、ゆっくりと寝てられます。 また夜勤明けの日は、まる一日自由に使えるのです。 一方日勤だけの仕事の場合は公休日以外は早起きしなければならず規則正しい生活がきつく感じることもあります。

以上、看護師が日勤だけする場合のメリットとデメリットをご紹介いたしました。

「これから看護師の経験とキャリアを積みたい」という若い看護師は日勤だけの仕事は推薦できません。 なぜならば夜勤に入らないと経験できない業務が多くあるからです。 一人前の看護師になりたいならば、ある程度経験を積む3年ぐらいは日勤と夜勤の両方を経験する方が自分磨きになります。

看護師の手当と稼げない職場について

看護師は高収入であると言われますが、それは、手当による収入が大きいからです。 そのため、高収入の職場を選びたいと思っている時には、手当が充実しているかどうかというポイントも確認しておきましょう。

例えば、精神科のような職場では危険手当がつくこともあります。 手当がつくということは、それだけ危険ということでもあるのですが、とにかく収入を重視したいという方は精神科を検討してみるのも良いですね。

土日でも問題なく働けるという方であれば、休日出勤が高めに設定されている職場を選ぶと良いでしょう。

看護師が受けられる手当には様々なものがありますが、中でも高い手当がつくのは夜勤手当です。 かなり高いところだと1回の夜勤で3万円くらいもらえるところもあるので、夜勤手当が高めに設定されているところだと高収入が期待できます。

ですが、夜勤手当が高めに設定されているところは業務内容も過酷になりがちです。 かなりの患者さんがいるのに看護師が一人だけというところもあるので、そういった職場ではいくら高い夜勤手当がついたとしても体がついていかず、辞めてしまう方もいます。

夜勤のみの生活なれば良いのですが、夜勤と日勤を交代で行っていく形になると体調も崩れやすくなるので注意しておきましょう。

他にも、小さなこどもがいる場合に保育手当てが出る職場もあります。

ただ、とにかく手当の種類がたくさん用意されていればいいというわけではありません。 いくらたくさん稼げるとしてもあまりにも労働環境が過酷だったり、休みが取れないようだと困ってしまいますよね。 手当はいらないからもう少し休みを増やして欲しい…と考える看護師の方も多いようです。

続いて、給料の安い職場についてご紹介しましょう。 例えば、仕事自体はとてもゆったりと行うことができるものも、高齢者向け施設や介護系病院は給料が安めに設定されているところが多いようです。

大きな病院よりも小さな規模の診療所・クリニックの方が給料は低めになっているので、求人情報を比較する際には給料もよく確認しておきましょう。

↑ PAGE TOP